【千葉】木造駅舎の落ち着いた雰囲気、小湊鐡道海士有木駅を散策!

令和6年1月6日

小湊鐵道海士有木(あまありき)駅。馬立駅等と並んで駅舎が国の有形文化財になっている。
市原市の中心部から南東に位置し、駅付近には民家が建ち並んでいる。1日の利用者数は200人程度。
駅前の駐輪場。
中に入ってみよう。
待合室は、昔の国鉄駅舎でよく見られる間取り。なんの変哲もないと言えばそうなのだが、令和6年の東京隣接県でこの駅舎が残っているのは珍しい。
温かみのある空間。
ホームに向かう。
対岸に行くには、遮断棒のない線路を横断することになる。
対岸からの眺め。
待合場。可愛い。
良くない?この雰囲気。
手書きの温かみが、また萌える。
小湊鐵道は昔ながらの駅舎が沢山あって楽しい。当HPで沢山紹介しているので、気になる方は、ホームページ内の検索窓に「小湊鐵道」と入れてご覧くださればと思う。
お気軽にフォローください!
>電子書籍販売中!

電子書籍販売中!

一人旅研究会管理人がこれまでに行ってきた日本国内のいい場所を街歩き・秘境駅・温泉の3編に分けて電子書籍にて紹介しています!
また、大学4年、学生最後の夏休みに敢行した日本一周編、ジオラマ制作をまとめたジオラマ編も好評発売中!

〜日本全国ノスタルジック散歩シリーズ〜
・散歩編
・秘境駅編
・日本一周編
・ジオラマ編
・温泉編

CTR IMG