【鹿児島】茶色すぎるワイルドすぎる野湯、竹林の湯に入浴!

令和4年3月18日、再訪:令和6年5月24日

鹿児島県、妙見温泉にほど近い国道223号線沿いに素晴らしい野湯があると言うので駆けつけてきた。 野湯は国道から竹林を5分弱歩くとたどり着く。国道からの入り口には目印があるのでわかりやすいが、駐車スペースがあるわけではないので、歩いて数分ほど離れた、 別の温泉街の無料駐車場に車を置いて歩いていくのがベストだろう。
所々倒れた竹をくぐったり乗り越えながら歩いていくと、ご覧のような茶色と緑のコントラストが素晴らしい野湯が目の前に出くわした。 多分夏であれば、雑草も相当生い茂っていることであるから、ここまでの到達は春先よりも多少困難であると思われる。今回来たのは早朝であり、森の中に霧が立ち込めているなんとも幻想的な雰囲気の中での入浴となる。
霧と湯けむりの絶妙なコラボレーション。温泉が吹き出ているところは45度ほどであろうか。丸太で囲まれた申し訳程度の浴槽の端側は ちょうどいい湯加減だった。深さがあるわけではなく、寝湯にちょうどいい。脱衣場はもちろんなく、浴槽の周りにもお湯がしみ出しているため、着替えを置くのに困難が生じる。
晴れている日には、また別の景色が広がって面白いのであろう。コアな温泉ファンには堪らない、そんな空間だった。

~ここから再訪~

お気軽にフォローください!
>電子書籍販売中!

電子書籍販売中!

一人旅研究会管理人がこれまでに行ってきた日本国内のいい場所を街歩き・秘境駅・温泉の3編に分けて電子書籍にて紹介しています!
また、大学4年、学生最後の夏休みに敢行した日本一周編、ジオラマ制作をまとめたジオラマ編も好評発売中!

〜日本全国ノスタルジック散歩シリーズ〜
・散歩編
・秘境駅編
・日本一周編
・ジオラマ編
・温泉編

CTR IMG