【東京】大都会で廃線?大井北部陸橋を散策!

令和5年8月5日

東京のど真ん中に、緑にのまれつつある線路跡があるらしい。正確には、廃線ではなく休止線であるが、今後活用がされるかもしれず、今の光景を望めるの時間はそう長く残されていないかもしれないので、見に行った。存在は5年ほど前から知っていたが、ようやくの訪問となった。

その線路を見られるのは、首都高湾岸線の上を通る都道316号線、大井北部陸橋だ。4分ほど歩いた場所にある八潮北公園のコインパーキングに車を置いていった。

陸橋から見られるのがこちら。鉄橋部分は植物は生えていないものの、奥の盛土区間はもくもくと木々が生い茂っている。昔、ここを大汐線画走っていた。平成10年までのことである。最近まで走っていたのに名前を聞いたことがない、と思われる都民もいるかもしれない。それもそのはず。こちらは東海道貨物線であり、旅客を扱っていた線路ではない。名の通り、大井と汐留を結んでいた。

青空と東京と休止線。めっちゃいい色していた。

地価が馬鹿高い東京でこのような空間を放置していたとは、すごい土地の使い方である。しかし今後、活用されそうだとの声がある。気になる方は、早めに行くのがいいかもしれない。

お気軽にフォローください!
>電子書籍販売中!

電子書籍販売中!

一人旅研究会管理人がこれまでに行ってきた日本国内のいい場所を街歩き・秘境駅・温泉の3編に分けて電子書籍にて紹介しています!
また、大学4年、学生最後の夏休みに敢行した日本一周編、ジオラマ制作をまとめたジオラマ編も好評発売中!

〜日本全国ノスタルジック散歩シリーズ〜
・散歩編
・秘境駅編
・日本一周編
・ジオラマ編
・温泉編

CTR IMG