【山形】松林に佇む小野曽神社を散策!

令和6年6月7日

秋田県との県境にある鳥海山の麓に、気になっている神社があった。
松の木が林立している地帯に、小野曽(おのそ)神社がある。
本殿までは一直線だ。
奥にこじんまりとした鳥居が見える。山道に入った瞬間、小野曽神社の持つ空気感に包まれる。
奥に吸い込まれる。この雰囲気が人気で、最近、多くの人が訪れているという。
鳥居拡大。木漏れ日が点々と階段や緑に差し込んでいるのが美しい。多くの人が魅了されるのも頷ける。
緑に赤は似合う。補色の関係だ。昔の日本人の美徳センスは、今にも生きている。
本殿側から道路を臨む。松の木の大きさがうかがえる。
6月。例年よりも遅い梅雨入りになるらしく、今日の山形は晴天に恵まれていた。
お気軽にフォローください!
>電子書籍販売中!

電子書籍販売中!

一人旅研究会管理人がこれまでに行ってきた日本国内のいい場所を街歩き・秘境駅・温泉の3編に分けて電子書籍にて紹介しています!
また、大学4年、学生最後の夏休みに敢行した日本一周編、ジオラマ制作をまとめたジオラマ編も好評発売中!

〜日本全国ノスタルジック散歩シリーズ〜
・散歩編
・秘境駅編
・日本一周編
・ジオラマ編
・温泉編

CTR IMG